池田・川西・箕面・北摂の空中ヨガ(エアリアル)ヨガスタジオCOREのブログ

  • ヨガスタジオCORE Facebook
  • ヨガスタジオCORE Instagram
  • ACCESS
  • CONTACT

BLOG

インストラクターブログ

2016-02-25 12:45:59

空飛ぶヨガ2

空飛ぶヨガ2 ご自宅で可能な、空中ヨガ(エアリアルヨガ)の基本ポーズ

大阪・池田・川西・箕面・豊中で空中ヨガを提唱するコア。基本のエアリアル・ポーズをご紹介。

空中ヨガ(エアリアルヨガ)では、天井から吊るされたハンモックに、座る・腰掛けるという動作を行います。実はこの動作自体が、すでに身体のバランスを取るヨガの動作でもあるのです。

空中ヨガ(エアリアルヨガ)のポーズ「アルダナーヴァーサナ」

(半分の舟のポーズ)

前回のブログでは、ハンモックに足を掛ける「エアリアルランジ」をご紹介しましたが、2回目となる今回は座位からの変化する、「アルダナーヴァーサナ」の方法をご紹介します。

アルダナーヴァーサナのポージング方法1

両足を床に戻して、マットの中央部分、ハンモックの前に立ちます。

臀部がハンモックに付くぐらい近くに立ち、腕を上げ、後ろに伸ばしてハンモックの両サイドをつかみます。

リュックを背負う動き、腕を通すような動きで、ストラップに腕を通します。

手を骨盤と同じぐらいの高さにして、手首の内側が股関節のところに来るまで、スライドさせておろし、つま先立ちになります。

アルダナーヴァーサナのポージング方法2

1の状態の最後から、足をマットの幅に開きます。

ハンモックのU字の一番下に仙骨を当て、ハンモックにもたれかかります。

もたれかかりながら腹筋を働かせ、両足を引き上げます。

このとき、ハンモックが背中の方へ上がり、揺れないように腕を使って支えます。

膝を曲げて、体重を床からハンモックに動かします。

その状態から両サイドにある手を上へ持っていき、両足を開いてバランスを取りながら膝をまっすぐ伸ばします。

仙骨の位置がずれていると感じたら布を調節します。

この姿勢を維持して、5かい深呼吸して完了です。

「半分の舟のポーズ」をハンモックなしで体験

ハンモックを使わずにやってみる

床でもコアへの意識、筋力を高めてみましょう。

床で練習することで、空中で半分の舟のポーズになるとき、ハンモックが大きく揺れ動かないようにコントロール出来るようになります。

「半分の舟のポーズ」アルダナーヴァーサナを自宅で体験

床に座った状態から、両膝を合わせながら曲げます。

左右の大腿骨の少し下、膝関節あたりをもって、腹筋を動かします。

それから尾骨、仙骨という順で床におろし、背中を下にして体を横にしていきます。

このとき、足は床につかず、引き上げておきます。

腰椎の部分が床にはなれる寸前で動きを止め、バランスを保ちます。

足をまっすぐ延ばし、手のひらは上向き、腕は左右に床から平行にして伸ばします。

この状態でコアを働かせたまま、5回分呼吸をします。


どうですか?

今回の、空飛ぶヨガブログでは、座位から変化させる「アルダナーヴァーサナ」をご紹介させていただきました。同時に、ハンモックなしでも練習ができる方法もご案内させていただいたので、是非、ご自宅でもポーズを取っていただければと思います。スタジオ・コアは、今後も、エアリアルヨガのポーズを解説していきますので、楽しみにしていてくださいね。

>> 空中ヨガ(エアリアルヨガ)の体験レッスンはコチラ <<

▼シェアしていただけると嬉しいです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-02-19 12:47:44

空飛ぶヨガ1

空飛ぶヨガ1 ご自宅でもできる、空中ヨガ(エアリアルヨガ)の基本ポーズ

大阪・池田・川西・箕面・豊中で空中ヨガ体験を提供するスタジオ・コアが、エアリアルを解説。

皆さんは、『空中ヨガ(エアリアルヨガ)』という言葉をお聞きになったことはありますか?空中ヨガ(エアリアルヨガ)は、重力に逆らうアーサナに、アクロバットの技を組み合わせたヨガのスタイル。ヨガと聞けば、インド発祥の行法をイメージされる方も多いと思いますが、空中ヨガ(エアリアルヨガ)は、アメリカはニューヨーク発祥の新感覚フィットネスです。考案者は、元ブロードウェイダンサーのC・ハリソン。シルク・ドゥ・ソレイユを連想させるこの新しいヨガは、背骨を伸ばしたポーズで、安全なアライメントを見つける助けになる、とてもお勧めの運動だといえるでしょう。

空中ヨガ(エアリアル)の特徴、重力に逆らわない。

ここでは空中ヨガ(エアリアルヨガ)のポーズの1つである、エーカパーダラージャカポターサナで、空中ヨガの特徴を解説しいていきましょう。

エーカパーダラージャカポターサナは股関節を開くのに最適な強めの後屈で、ポーズに入るときの大きな障害となる体勢です。

後ろ足の股関節の、節屈曲筋、腸腰筋からの部分が硬いと、胴体と胸をより一層強い力で引き上げ、ぐっと広げながら後屈するほかありません。

エアリアルシルク、ハンモックなどを使用すれば、重力に助けられて後ろ足の緊張が取れ、リラックスするので背骨が自然に湾曲できます。重力に逆らわずに、ハンモックに支えられたまま胴体が伸びますので、おすすめです。

空中ヨガ(エアリアルヨガ)の基本ポーズ「エアリアルランジ」

「エアリアルランジ」は空中ヨガ(エアリアルヨガ)の基本なポーズの1つです。ランジ自体は通常のヨガにおいても基本的なポーズではありますが、ハンモックに足を掛けてポーズをとることが多いエアリでは、このポーズは不可欠な動作になります。このポーズは、布に片足を掛けて一本足で立つため、不安定感を覚える方もおられるかもしれません。当スタジオではこれら基本動作を、丁寧に指導しています。

エアリアルランジのポージング方法1

最初は、マット中央に置いたハンモックの真後ろに立ちます。

ぶら下がっているハンモックの一番下が、恥骨部分の高さと同じぐらいになるように近づき、手でハンモックを広げてUの字にします。

右足をUの字に広げたハンモックの中に入れて膝を曲げます。

右膝の少し上の部分、大腿部がハンモックに支えられるようにつま先を前に向けてマットの中央から動かないようにします。

エアリアルランジのポージング方法2

1の状態のまま、手を腰に置き、息を吸って左足で床をぐっと押します。

左の大腿四頭筋と、股関節屈曲筋を伸ばしたまま体重を前にかけ、右足をランジのポジションにします。

息を吐きながら右足で強くハンモックを押して、最初のポジションに戻ります。

これを4回繰り返し、終わったら反対側の足も同様に行います。

ハイランジを体験してみる

ハンモッグを使わないでやってみる

マットの先端に立ち、右足の大腿四頭筋を強化しつつ、左の太ももと鼠径部(足の付け根)の伸びと共に、左足をうしろへ大きく踏み出します。

踏み出した左足のつま先(母指球)をしっかりと床に着けて、右ひざは右足首の上になるように持っていき、胴体の荷重によって太ももが床へと沈んでいくイメージです。目線は前を見ます。

息を吐いて、右足の拇趾球を床から持ち上げ、かかとだけが床についている状態から、右ひざをまっすぐに伸ばします。

息を吐きながら右足の足裏を床に着け、ランジに戻ります。

この動きをもう4回繰り返して、反対も行います。

 

いかがでしたか?

今回は、空飛ぶヨガの異名をとる空中ヨガの基本ポーズ「エアリアルランジ」とご自宅でもエアリアルランジの要素を取り入れたポーズで練習ができる「ハイランジ」をご紹介しました。当スタジオ・コアでは、これからも、池田や川西の方だけでなく大阪・関西の方々に出来るだけ分かりやすく空中ヨガの魅力をご紹介していこうと思います。

>> 空中ヨガ(エアリアルヨガ)の体験レッスンはコチラ <<

▼シェアしていただけると嬉しいです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-02-12 23:10:36

もう2回体験されましたか??

こんにちは。SHIORIです(^^)

<<スタジオの最新ニュース>>
もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
スタジオのハンモックが!新しくなりましたよ~☆☆



アメリカより取り寄せた、本物です!( *´艸`)
最高のポーズは、最高の環境でぜひ満喫していただきたいと思います!
ぜひぜひ、お待ちしております❤

<<期限の切れた2回体験チケット>>
みなさん。2回体験チケットは「2回」いらっしゃいましたか?
なかなかお時間が合わず、まだ1回しかいらっしゃってない方はいませんか?
または、1回目酔ってしまいつらい思いをされた方や、しんどくて2回目足が遠のいてしまった方・・・
ぜひもう一度、COREに足を運んでみませんか?


<<COREのレッスン>>
COREは、レッスンの中で生徒様からたくさんのことを学ばせていただき、毎レッスンごとにレッスン内容を変えながらよりよいレッスンを提供できるよう、「レッスンシークエンス(レッスンポーズの組み立て)」に力をいれております。
①酔いにくい身体づくりの為に、たっぷりの準備の動きをご用意しています。②布の位置が、痛みにならないようブランケットを用意しています。③多彩なレッスンメニューをご用意しています。

<<おススメのレッスン>>
〇3月10日19:00~初登場!夜に「低空エアリアル」レッスンを作りました。
逆さまにならないリラックス♪をテーマにして、疲れたカラダを存分にハンモックで味わっていただけます。
〇エアリアルヨガが苦手な方は、たっぷり「ヨガ」はいかがですか?
COREのスタジオは、夜のヨガメニューがかなり豊富に用意しておりますよ(^_-)
3月より日曜日に15時~と18時~のメニューが新登場!

他にもレッスンまだまだありますよ~☆
ぜひ お待ちしております。 SHIORI










▼シェアしていただけると嬉しいです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-02-08 15:55:06

クラスのご紹介④

Namaste~☀

インストラクターのKimieです。


今日は陽射しが暖かいですね🎵

昨日とはうってかわって春の匂いがしてきます。

COREのスタジオは南側に大きな窓があるので今日みたいにお天気の良い日はお日様がとても気持ちいいんです(^^)

陽射しを浴びながら太陽礼拝すると本当にお日様に感謝したくなりますよ✨


さて。

太陽礼拝といえば。

本日ははじめてのコアヨガのご紹介です。


このクラスでは太陽礼拝をベースに動いていきます。

例えば必ず出てくるこのポーズ(アーサナ)


ダウンドッグ(アドムカシュバアーサナ)


ここから次の戦士のポーズ(ヴィラバドラアーサナ)へ。


こういったポーズを呼吸に合わせて流れるように繋げて動き続けていきます。

これを「ヴィンヤサ」と言い、他にも捻りのポーズやバランス系のポーズを入れて下半身やコア(体幹)を鍛えます。

ひと呼吸にひと動作で太陽礼拝を繰り返すと、体が温まり筋肉が柔らかくなっていくので少しずつ柔軟性も増していくのがわかりますよ😄

最初は上手くポーズが取れないかもしれませんが、続けていくうちに筋力や柔軟性が増していきます。

何よりヨガはポーズの出来を競うものではないので、ケガなくご自分の体と向き合うことが出来ればそれで良いのです。


ただし、ポーズが綺麗に取れていたとしても体に「効いて」いなければあまり意味がありませんよね。

そういう意味でも「向き合う」というのが大事になってきます。

また、ご自分の体と呼吸に目を向け続けることで余計な思考も頭の中から取り除かれていくので「無」になる感覚を味わえます。

「無」になると本当に自分が目を向けなければいけないことが見えてくるようになったり、グチャグチャになっていた頭の中が整理されていくようになるんです。

もちろん個人差はありますが、私はこの感覚がとても好きです(*´ω`*)


そして動いたあとの[シャバアーサナ(屍のポーズ)]は格別❤

「ワタシ不眠なんです」という方が寝息を立ててらっしゃるのを何度目に(耳に?)したか(笑)

本当はシャバアーサナは寝ちゃダメなんですけどね。

でもそれだけリラックスしてくださってるのかなーと思うと、寝息が聞こえる度に「よっしゃ😁」となっちゃうんですよね( ´∀`)

ぜひ皆さまの寝息をお聞かせください😆

▼シェアしていただけると嬉しいです♪
このエントリーをはてなブックマークに追加